老後生活は安泰なのか

「老後の生活に1億円かかる」ネットニュースの見出しである。
もはや何を言っているの?という世界である。

何人の人が、その金額を貯蓄できるというのであろうか。
生活保護の受給者も増加しているという。

高齢者の受給率も高まっていると聞く。
日本は優しすぎるというか、甘すぎるというか。

正直、外国の人の生活保護受給は、もっと厳しく審査すべきであると思う。
一般家庭が身を削り犠牲にしている税金なのに、ホイホイと配りすぎに思える。

老後に1億円。今の日本では到底無理という人が、大半を占めるのではないだろうか。
少子高齢化。本当に今のままでは日本は破たんしてしまうのではないか。
そういう危機感さえ抱いてしまう。

医療技術の進歩はすばらしいと思う。
「平均寿命がまた伸びた」ニュースも、喜ぶべきことであるとは思う。
だけど、それなら、それに対応できるだけの政策を、もっと現実的に具体化すべきであると思う。

これからも、年金を受給できる年齢は後回しになり、年金の額も減らされていくことと思う。
生活保護に頼らなければ、自活できない人も、これからもっと増えていくことになると思う。
極端な話になってくるが、安楽死が認められている国も増えてきている。

もしも自分が、子供のことさえも分からなくなってしまうとしたら、そのことで迷惑をかけることになってしまうとしたら。
私自身は延命治療は望まず、天命を受け入れたい。そう思う。

ドナーカードの意思表示の欄に、安楽死の項目がもしもあったなら。
私は意思表示をするかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です