通勤型チャットレディ体験しました!

平日の日中は、仕事をしているけど、もう少しお小遣いを稼ぎたいし、空いている時間に自由に働けるアルバイトはないかなぁと、探していたら、ライブチャットレディの募集広告が! 在宅と通勤選べると書いてあったけど、私は実家暮らしだし、親に見つかると気まずい。。となると通勤だー、と即決めました!

早速面接へ。優しいスタッフの方に案内されたマンションの一室。中はたくさんの仕切りで小さな個室が何部屋も用意されていました。個室内には簡単な作りですが女の子の一人暮らし風にソファやテーブルが配置されていて、明るく清潔な印象。用意されたカメラ付きパソコンで、簡単な登録作業。登録用の画像はスタッフの方が撮影してくれました。 アダルト用と普通用のチャットがあるけれど、アダルト用の利用者の方が多く単価も高いから、とりあえず両方登録して好きな方を使ってねと言われました。

ライブチャットサイトにログインして、適当に手を振ったり、カメラに向けてサービスポーズをしたり。顔はツーショットになるまでは怖くて、口から下だけがカメラに映る状態にセッティングしました。

初日は日曜の昼間で、稼働率はボチボチといったところ。たまに声をかけて下さる方と少しお話ししたりしつつも、暇な時間の方が長かったです。その日は4時間で3千円ほどもらって帰りました。 この金額じゃ続けられないかも?。。と不安になったのですが、スタッフの方から、固定のファンがつくまでは、週末夜が一番稼げると思うから、良かったら今度は夜においでー、と言われていたので、2度目は土曜の夜に出勤しました。

初日は私服でチャットをしていたのですが、コスプレ衣装がたくさん用意されていたので、今回は着てみよう!と思い、メイドや女子高生の制服姿などになって待機してみました。

すると前回の何倍もの人数の閲覧があり、ツーショットだけでなく、公開チャットの方が盛り上がりを見せはじめました。たまに下着が見えそうな格好をすると、一気に閲覧数が上がるので、ウキウキしたのを覚えています。

その日は6時間の勤務で2万円以上もらって帰りました。前回との差に驚きつつも、スタッフの方の言ったことは本当だったのか!と感心しました。

結局5回ほど通勤したのですが、自宅から勤務地までが遠かったので通勤に疲れてしまい、やめてしまいました。 在宅ならまた、やってみてもいいなぁと思っています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です